明るい肌で輝く人生を

 

明るい肌をつくって、輝く人生を進んでいくようにしましょう。

 

肌が暗くなると気分も落ち気味になってしまいますからね。

 

 

栄養というのは基本的に身体に必要不可欠なものになります。

 

 

但し、物によっては一日の限界摂取量などがありますから注意しておきましょう。例えば亜鉛などは必ず身体に必要なものではあるのですが、1日の限界摂取量として30mgというのがあります。さすがにこれを少し1回超えただけで、すぐにどうかなることはないですが、それでも注意した方が良いでしょう。美容によいとされているビタミンなどにも細かく限界摂取量がありますから、これを注意しておくべきでしょう。

 

 

老化防止というのは本当に美容にとって最大の至上命題であるといえるでしょう。さて、美容に、つまりは老化防止の栄養素としてかなり注目されているのがリコピンになります。これはトマトなどに含まれている栄養素であり、トマトが赤いのはこのリコピンが原因でもあります。

 

このリコピンには抗酸化作用があり、要するに老化現象の食い止めを少なからずしてくれることが判明しています。健康的な食材でもありますから、まずリコピンを摂取する為だけにトマトを食べることはかなりお勧めできます。ちなみに実はトマトジュースでもまったく問題ないです。但し、折角の美容のために飲むのですから無塩、無糖の物にしたほうがよいでしょう。砂糖も塩も一般的な食事をしていれば十分に摂取しているでしょうから、あえてトマトジュースに入れる必要性はないです。

 

 

他にも美容に良い栄養素としてあるのが、前述の亜鉛です。これは肌や髪の毛を作るための栄養素でもありますから、若々しい肌や髪を作るためには必須といえます。一種の老化防止ともいえますから、これもお勧めできます。リコピンには限界摂取量はありませんが前述の通り、亜鉛にはありますから注意です。後はカロチンなども美容によいですし、お茶などに含まれているカテキンも美容効果があるとされています。結局、これさえ食べていればよいというのはありませんから、色々と複合的に考えてみるようにしましょう。それが美容の為です。

 

 

 

お肌の大敵、紫外線から未来のあなたを守るには?

 

 

日焼け止めクリームは、春から夏にかけての紫外線が強い時期にさえ塗っていればいい訳ではありません。紫外線は年中無休で私たちのお肌に降りそそいでいます。ですから日焼け止めクリームは年中塗るようにしましょう。また、陽は部屋の中まで入ってくるので、家にいる時も塗る必要があります。最初はめんどくさいと感じるかもしれませんが、洗顔後のスキンケアの後に塗るなど習慣づければたいした手間になりません。

 

 

それから気を付けてもらいたいのが塗り方です。頬、おでこ、鼻など顔の高い部分に日焼け止めクリームをチョンとのせ、そこから顔全体に伸ばしていきますが、その後もう1度頬の高い部分に塗って下さい。1番シミの出やすい部分なので2度塗りが鉄則です。それでも汗などでクリームが取れていってしまうので、2時間置きぐらいには塗り直して下さい。

 

 

紫外線はシミやしわの原因になるので、徹底的防御が必要です。最近はSPF50の物がたくさんありますが、長時間外にいたりスポーツをしたりなどして多くの紫外線を浴びる時以外は、SPF20~30程度で十分です。強いに越したことないのでは?と思われるかもしれませんが、お肌への刺激も強いため毎日塗り続けるのは肌おにとってはあまりよくありません。

 

 

日常生活で浴びる程度の紫外線の量ならSPF20~30で防げますので、普段使い用とお出かけ用など使い分けることをおススメします。今日はいっぱい紫外線を浴びたなという日は、夜に美白に有効なビタミンC を採りましょう。キャベツやブロッコリー、トマトなんてリコピンも多く含まれているので最適です。食事に組み込むのが難しいのであればサプリメントでもいいです。

 

 

もちろん美白コスメでのスキンケアも忘れないで下さい。今日浴びた紫外線をシミにしてしまわないようにその日のうちに対処しましょう。5年後、10年後の自分のためにも今ほんの少しの手間や努力を惜しんではいけません。効果がすぐに目に見えて現れるものではありませんが、その努力は絶対裏切りません。5年後、10年後の‘あなた’を作るのは今の‘あなた’です。

 

 

リバイタルグラナスの口コミ!トライアルキットでわかる効果まとめ